金利が低い方がいいのか

カードローンの取り扱い先はたくさんあります。消費者金融利用者が多い一方で、銀行のカードローンの人気も高まってきています。また、消費者金融や銀行以外にも、信用金庫や信用組合など、様々な期間でカードローンのサービスを取り扱いしています。

 

たくさんある中からカードローン契約先を選ぶ基準の1つに金利があります。金利が低ければかかる利息も少なくなるので、金利が低いカードローンは有能だという風潮はあります。もちろんこれは間違った意見ではなく、金利が低いカードローンならば検討すべきです。ただし、金利が低いカードローンを選ぶ必要がないケースというのもあります。

 

まず、そもそも金利以外の条件を重視しているならば、その条件に注目してカードローンを選ぶべきです。融資までの早さというのはその1例で、とにかく急ぎでお金が必要であれば、何より融資の早いカードローンを選ぶべきでしょう。

 

また、金利が低いカードローンは、審査も厳しい傾向にあります。審査に自信があればいいのですが、不安があるならば金利よりも審査に通るという口コミが多いカードローンの方が、借りられる可能性が期待できます。

 

短期間で完済してしまうならば、金利の低さはあまり重要ではありません。数日で完済するつもりならば、金利が高かろうが低かろうが、払う利息はほとんど発生しません。

 

寧ろ金利が高いとしても、短期間で返し終えるなら無利息期間がある消費者金融での借入れの方が有効となる場合すらもあります。金利差があっても無利息の期間内に返済ができれば実際に支払う利息は少なくできるので、お得に便利にカードローンが利用できます。

 

無利息で借りられるところとして有名なのがプロミスで、条件を満たしてから借りると借入れの翌日から30日間も無利息になります。その期間内の返済なら利息負担がないため、金利が高くなっても負担としては軽く済みます。

 

早くに借りられるのもプロミスの一つの魅力であり、土日でもプロミス札幌の契約機を使う手続きであれば、最短即日のカード発行も可能です。プロミスのカードは多くの提携ATMで利用ができるので、どこにいても便利にお金が借りられるようにもなっています。